女の人

上手に育てる方法

ビューラー

無理をさせない

長いまつげにするには、もちろん体質もあるのでしょうが、あまり負担をかけないようにしておくということも大切です。例えばビューラーやマスカラ、洗顔をする時には目を強くこすってしまう、などといったことがあると、それだけで長いまつげを育てるのを阻害してしまうというわけです。できることなら長いまつげになるまでは、何もせずに放置しておきたいところなのですが、仕事があって人と会うとなると難しいです。そこでやっておくと良いのが、マッサージをしておくことで、血行が良くなり、長いまつげになるのを期待できます。ただし、素手でやってしまうと、どうしても摩擦が大きくなって逆効果になることもあるため、クリームを使ってみるといった方法がおすすめです。

専用のものを使う

髪の毛が薄い場合、育毛剤というものを使用する人もいるのですが、実はまつげにも同様のものが市販されていたりするのです。ものにもよるのですが、たいていは小さな容器に入られているため、職場に持ち込んでも目立ちませんし、ちょっとした合間に使うことも可能です。ハケで塗るタイプにしておけば、手が汚れなくて済みますし、無色であれば化粧に影響を与える心配を減らすことができます。必要な栄養を外から与えてやると、その分長いまつげになる確率が高まる上に、好き嫌いが分かれる食べ物から摂取するよりも、はるかに手軽であると言えそうです。もしもどれが良いのか決めかねてしまうのなら、インターネットで検索して、比較的評判の高いものにしておくと良いでしょう。